敬語をマスターする

アルバイトに限らず、様々な場面で問われることになるマナーの一つとして、言葉遣いがあります。言葉遣いというのは相手に対して与える印象が大きいポイントであり、ある程度の敬語を扱えるようになっていることが求められることが多いでしょう。これはマナーと同時に教養でもあり、相手を不快にさせないような言葉遣いができることは多くの職場に於いて求められる条件の一つとなります。

基本的に敬語には3つの種類があり、これを適切に使い分けることができることが重要になります。まず1つ目は「謙譲語」というものです。これは、自分を下げることによって相手を相対的に上げる表現のことを言います。例えば「申し上げる」というような言葉遣いがこの謙譲語に該当します。基本的に、自分の表現に対して用いる敬語表現です。

次に、「尊敬語」があります。これは、直接相手の行動を尊敬語にすることによって敬意を表すための表現です。「おっしゃる」などがこの尊敬語の表現として該当します。

最後に「丁寧語」があります。これは単純に表現を丁寧にするというもので、自分の表現・相手の表現を問わず使用することができます。単語に「お」を付けることで上品な印象にするのも丁寧語表現の一つです。