時間を守るマナー

次に紹介するのは、時間についてのマナーです。アルバイトに限ったことではありませんが、時間を厳守するということは仕事において特に重要なマナーの一つとなっています。遅刻をしてしまうことはもちろんのこと、あまりにもギリギリの時間で動いている、というのもある種のマナー違反として取られることも多いため、その点については注意をしておく必要があるでしょう。

ただ、これは30分前に到着しなければならない、というようなものではありません。例えばアルバイト先で、新人は30分前に来て準備や掃除をしているように、と言われたのであれば、それは労働基準法に違反する命令であるために従う必要が必ずしもあるわけではありません。そういった職場は職場側が時間にルーズであることも考えられるため、転職も含めて考えるのが良いでしょう。

時間については、アルバイトをする側だけでなく、させる側についてもしっかりと守っている事が前提となるマナーです。契約によって決まっている時間には余裕を持って仕事ができるようにしましょう。また、休まなければならない場合なども、それがわかった段階で早めに連絡をすることがマナーとして重要なポイントとなります。